お知らせ「さくらの滝」

 カテゴリー
 月別カテゴリー

さくらの滝

この滝は大昔に砂岩が崩れることによってできました。春には桜が咲き、6月から8月にはサクラマスが飛び跳ねることもあります。

渓流の女王「ヤマメ」と呼ばれるサクラマスは、海に下って大きく成長し、ふたたび産卵のために生まれた川に戻ってきます。
サクラマスの遡上は、日本では、北日本や日本海側の河川で見られます。しかし、魚がこれだけ大きな滝を飛び跳ねる様子が見られる「さくらの滝」は、世界でも珍しいスポットです。

体力、タイミングと場所、幸運、すべての条件に恵まれ、滝を越えることに成功するものはわずかです。しかし、懸命に飛び跳ねるその姿は、思わず応援したくなります。

サクラマスが飛び跳ね始める6月には、彼らの体は銀色に輝き、また産卵期が近づくと、桜色に変化します。
9月に産卵を終えると、他のサケたち同様、命を次の世代に引き継ぎます。

02_0102_02