お知らせ「おと旅♪サスペンス劇場「森のくまさん」」

 カテゴリー
 月別カテゴリー

おと旅♪サスペンス劇場「森のくまさん」

(この物語はフィクションです)
ある日,熊田警部(通称:くまさん)は,某国際犯罪組織に手を染めた容疑者が【屈斜路湖・池の湯】の山中に逃げ込んだという情報を得た。
まもなく大掛かりな捜索隊が入る。その前に先発隊としてひとり【池の湯林道】へと入っていった。そこには【ぼっけ】大分県の別府でいえば「地獄」生卵を置いておけばゆで卵になりそうな噴気をあげている,【第二硫黄山】と呼ばれる小高い丘,そして秘沼【キンムトー(湯沼)】がある。

♪ある日 森のなか
くまさんに 出会った
花咲く 森の道
くまクマさんに 出会った

森の中。白樺が水面に倒れたまま。人知れずひっそりたたずむ神秘的な沼,冬場はスノーシューか歩くスキーで行くことができる。凍りついた沼のうえをエゾシカやキタキツネが平気で渡る。
そこで見かけたのは容疑者,その女性をくまさんは知っていた。いまから二十数年前,ある事件の捜査中,くまさんの身代わりとなって殉職したくまさんの先輩の娘だ。
先輩はそのころ新人だったくまさんを公私ともになにかと面倒をみてくれた。家族ぐるみの付き合いもした。【屈斜路湖の砂湯】でキャンプをしたり,いまはないが【遊覧船】にのったり,【コタンの露天風呂】にも入った。【川湯温泉旅館】で8トラックのカラオケで「霧の摩周湖」をうたった。先輩の娘とは「お嬢さん」「くまさん」と呼び合う間柄だった。先輩にはたいへんな恩義がある。

♪クマさんの いうことにゃ
お嬢さん おにげなさい
スタコラ サッササノサ
スタコラ サッササノサ

お嬢さんと思わぬ形での二十数年ぶりの再会だったが,いまは昔を懐かしんでいる間はない,すぐにでも捜索隊が入ってくる。
いまならば逃げられる。逃げ切れる。くまさんは草原が広がる南(美留和)を指さした。

♪ところが クマさんが
あとから ついてくる
トコトコ トコトコと
トコトコ トコトコと

お嬢さんがその場を離れたあと,そこに残っていたのは白い貝殻だ。きっと昨日はサロマ湖で「ほたて」網走で「しじみ」厚岸で「牡蛎」「あさり」を食べたにちがいない(苦笑)

♪お嬢さん お待ちなさい
ちょっと 落とし物
白い 貝がらの
ちいさな イヤリング

いかん!ここは阿寒摩周国立公園の特別保護地区。ゴミなど捨ててはいかん,生態系にも影響が出る。持ち帰りなさい。

♪あら クマさん ありがとう
お礼に 歌いましょう
ラララ ラララララ
ラララ ラララララ

歌ってる場合じゃないでしょう。
終わり
(ヒグマ・スズメバチ・アブなどに注意してください)
N43.5887326,E144.4004591